忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年04月16日 (月) | 編集 |
昨夜から涙が止まりません・・
この日記はミクシィのもUPしたのですが・・
あえてブログにも書かせて下さい・・
以前ミクシィの日記に書かせてていただいた
子供に虐待されて・・保護された
猫の「とら子ちゃん」が昨日の朝、虹の橋を渡って
いってしまったそうです。。


この子はまだ2歳という若い三毛猫の女の子でした。

【経緯】 夜散歩をしていたら近所の公園で中学生?らしき子達が凄い大声で騒いでいました。
散歩コースなので何気に子供達の前を通ったら急いで逃げていく子供達。
何かおかしいと、そこに向かうと煙がたっていました。火遊び?と思い危ないので消そうと近寄ったらビニール袋が動き出し
中を確認したら 骨と皮を何とか繋いでる程の衰弱な体で、ぐったりして入れられてました。緊急を要するので急いで保護に至ります。

経緯の通り、酷い目にあったとら子ちゃん・・
一人の女性によって助け出された子でした。

何度も危ない状況になりながら・・・
最後まで生きることを諦めず頑張りぬいたとら子ちゃん

最後は白血病が発症・・貧血が酷く、尿毒症にもなっていました。
昏睡状態から意識を取り戻し、再び目の輝きを取り戻したばかりだったのに・・
いつも寄り添いとら子ちゃんと生きてきた保護主さん・・
心情を考えると辛いです。
動物と暮らす事。それはいつか必ず別れの日がやってきます。
私自身も何頭も今までに見送っていますから、その時の心が引き裂かれるような痛みは手に取るように解るんですよ。
動物は辛くても恨み言は言いません。
生きることを途中で投げ出したりもしません。

ミクシィのコミュに集まる仲間たちはみんなとら子ちゃんの回復を
祈り、願っていました。
それだけに・・悲しみは大きくて深いけど・・
みんな・・とら子ちゃんや保護主さんと知り合え 元気や勇気、生きることの意味を感じ・・
「ありがとう」の気持でイッパイなんです。

とら子ちゃんを応援するコミュも出来たばかりだったので
残念で仕方ありませんが・・
きっととら子ちゃん虹の橋を渡って今頃ゆっくり休んで
いると思います。。
いつかまた会えると信じています。

そして、動物虐待、弱いもの虐めなどない世の中に!と強く思います。
私達大人が伝えていかなくてはならない事だと思います。

お友達のブログからこの詩を送ります・・
みなさんもとら子ちゃんのご冥福を祈って下さいますか?

千の風

私のお墓の前で
泣かないでください
そこに私はいません
眠ってなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって
畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように
きらめく雪になる

朝は鳥になって
貴方を目覚めさせる
夜は星になって
あなたを見守る
私のお墓の前で
泣かないでください
そこに私はいません
死んでなんかいません

千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

この詩のようにとら子ちゃんも
我が家の見送った子達も風になって見守ってくれているのかも
しれません・・・
明日、とら子ちゃんのお葬式が行われます。
心からご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
mixiに今はまっています


mixiの事をもっと知ろうと思ってサイト作ってしまいました


もしよろしければ一回来て見てくださいね

2007/04/16(Mon) 22:35 | URL  | mixi大好き #-[ 編集]
今の子供たちは・・・
ゲームばかりしているので・・・。

バーチャルの世界と現実の世界の区別がつかないのではないでしょうか?

ひどすぎて!!言葉もありません・・・。
今の大人の方はお子さんをどんな風に育てていらっしゃるのでしょうか?

我が家は・・・ゲームは一切やらせておりません。
そんな時間がありましたら、ほかに山ほど
やることがありますので。

やさしい飼い主さんに拾われて、最後は幸せに
暮らせたのがせめてもの救いです。
2007/04/17(Tue) 08:10 | URL  | siena #-[ 編集]
辛い時こそ・・
sainaさん>

そうですね・・
全ての子供がそうではないのですが
スイッチ1つで再生できると考えるのでしょうか?
弱いものをいたわるどころか・・反対の世の中

今は私も自分の事のように辛い・・
なかなか割り切る事など出来ません・・

お会いした事もない猫さんと彼女だけど
今は心だけでも寄り添っていたいです。。
人は弱ってる時に黙って抱きとめてくれる
者が必要だったりしませんか・・?
彼女に限らず、私はそういう存在でありたい・・
カッコつけ過ぎかな・・(笑)
2007/04/17(Tue) 22:35 | URL  | cat’nip #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。