忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年07月24日 (火) | 編集 |
こんな悲しいタイトルで日記を書くことをお許し下さい。
昨夜、15年間供に暮らした愛猫ナオの具合が急変しました。
今年に入ってからだいぶ痩せてきていたナオ
15歳人間で言えばかなりおばあちゃんです。
食欲はあるものの、食べても食べても吸収されない感じ・・
投薬をしたり、時々自宅点滴をしたり・・
それでも元気もあるし、食欲もあったんです。
昨日の朝も少し食欲が無いかな?程度で好物の缶詰めを食べていたんですよ。
異変に気付いたのは昨夜遅くでした。
なんだか・・様子が変・・じっと横たわったまま。

いつもだったら、パソコンをしてそのまま寝室へ・・なのですが
昨夜は何だか気になって階下へ

名前を呼んでもほとんど反応がありません。
力なく横たわったままで・・

兄弟たちが心配そうに寄り添うのですが無反応。
このまま階下に残していくわけにはいかないと
毛布にくるみ寝室に移動しました。

この頃には軽い痙攣が始まっていました。
その痙攣は徐々に大きくなり、呼吸も不安定に・・

なぜ?こんなに急に・・
どうする事も出来ず、身体をさすり、見守るだけ・・
ただ・・それだけ・・・

どの位時間が過ぎたでしょうか??
午前3時過ぎ・・ナオは虹の橋を渡っていってしまいました。

決して苦しまなかったとは書けませんが最期のその瞬間を
看取ってあげられて・・一人ぼっちにさせないで良かったと
思いました。
あまりに突然の事で何も考えられないまま朝を迎えました。
今日の千葉は真夏のような暑さです。
本当はもう少し傍においてあげたかった。
でもこの暑さの中放置したらナオが可哀相に思い・・
辛かったけど、今日の火葬を決断しました。
先程家に戻りました。

今日はお友達とお買い物の約束をしていましたが・・
こんな状況でお断りせざるをえませんでした。

今朝ほどお友達に電話で状況を説明して・・
どこにも行き場のない心を抱えながら・・どう説明をしたのか?
お友達の声を聞いた途端心の底から涙が溢れ出しそうになって・・
でも、泣いてしまいそうになるのを押さえ
「ごめんね」を言うのが勢いっぱいだったの。
逢いたい気持ちを押さえながら・・

動物との別れは突然やってきます。
供に暮らす以上は避けられない道
我が家ではもう既に何頭も見送っていますがそれに慣れる事はありません・・・・
彼らは決して「ここが痛い」とか「辛い」とか「こうしてほしい」とか
恨み言は一切言いません。
最期の最期まで決して生きる事を諦めない、健気な姿を見せて
何かを語りかけてくれます。
私は最期まで目を逸らす事はありませんでした。

涙が次から次へと溢れ出しぼやける視界の中で・・最期の最期まで
彼女を見守っていました。
消え入りそうな意識の中で名前を呼ぶと何度もお返事してくれました。
前足の爪をギュと私の手に引っ掛けて・・
まるで、どこかに向かって歩いているかのようでした。

そして、ほとんど動かなくなった胸の動きを確認した時
「ありがとうね」と「いままでありがとうね」って
心から伝える事ができました。

私にとってキラキラ光る小さな命達はいつも沢山の癒しと幸せを
与えてくれます。。
どうかどうか・・虹の橋を渡って、苦しみのない天国で安らかに・・
そして今度生まれ変わる時には傍に・・傍に来てよね。



(今、張り裂けそうな気持ちと格闘しています・・
この日記に書くことでナオへの追悼になればと思います。
今は辛いですが、きっと悲しみ苦しむ事をナオは望んでいないと思うから・・
たぶん。。何かしてないと、押しつぶされそうなんできっと私は大丈夫です。)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ご冥福をお祈りいたします。
涙があふれてまいりました。
でもナオちゃんはずっとママに傍に居てもらえて、
最高に幸せだったと思います。

心が癒えるまでしばらく時間が必要ですね。
どうか乗り越えてくださいね。
天国でずっとママを見守ってくれることでしょう。
2007/07/25(Wed) 23:58 | URL  | siena #-[ 編集]
ありがとう。。
sienaさん>

温かいお言葉ありがとうございます。
本当は正直言って辛い状況です。
最期の瞬間が瞳の奥に焼きついていて
離れません。
それでも、自分を立て直し前を向いて明るく
笑う事がナオへの供養だと思うの。
メソメソしてる姿をナオは見たくないはずだから。
最後まで手のかからない賢い優しい子でした。
祈ってくださってありがとうね。
2007/07/26(Thu) 20:37 | URL  | cat’nip #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。