忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007年09月22日 (土) | 編集 |
ながの大道芸のレポもようやく終わり何だかホッとしました。
今回長野への旅の目的は勿論大道芸を楽しむ事でしたが・・
車窓から眺める風景や地元の町並み、美味しいものもそれなりに楽しむ事ができました。
今回は2泊しての旅でしたから、最終日にせっかくなので地元善光寺を
お参りしてから帰路につく事にしました。

朝10時前にはホテルをチェックアウトして、駅から教えていただいバスで移動。
歩くと30分はかかる道のりですが・・
バスだと楽ちん移動です。


20070922173411.jpg

善光寺については何の下調べもしないで出かけてしまった私
せっかく、行くんだったら、ちゃんと調べて行けば、
もう少し深い部分まで興味深く見れたのかなと反省。。

調べたのは長野の美味しいものくらいでしたから・・(笑)

20070922173436.jpg



20070922173459.jpg



20070922173527.jpg


ちょっと興味深かったのは・・・・・
「牛に引かれて善光寺参り」のお話です。この文句は「一生に一度は善光寺参り」と同じくらい人々に語られています。この話は江戸時代に、善光寺信仰の広まりと共に全国に知られるところとなりました。

牛に引かれて善光寺参り
 昔、信濃の国、小県の里に心が貧しい老婆がいました。ある日、軒下に布を干していると、どこからか牛が一頭やってきて、その角に布を引っかけて走り去ってしまいました。女はたいそう腹を立て

「憎たらしい。その布を盗んでどうするんだ。」

などと怒りながらその牛を追いかけていきました。ところが牛の逃げ足は早く、なかなか追いつきません。そうする内に、とうとう善光寺の金堂前まで来てしまいました。日は沈み牛はかき消すように見えなくなりました。ところが善光寺の仏さまの光明がさながら昼のように老婆を照らしました。
ふと、足下に垂れていた牛の涎(よだれ)を見ると、まるで文字のように見えます。その文字をよく見てみると

 うしとのみおもひはなちそこの道に
          なれをみちびくおのが心を

と書いてありました。女はたちまち菩提の心(仏様を信じて覚りを求める心)を起こして、その夜一晩善光寺如来様の前で念仏を称えながら夜を明かしました。昨日追いかけてきた布を探そうとする心はもうなく、家に帰ってこの世の無常を嘆き悲しみながら暮らしていました。たまたま近くの観音堂にお参りしたところ、あの布がお観音さんの足下にあるではないですか。こうなれば、牛に見えたものは、この観音菩薩様の化身であったのだと気づき、ますます善光寺の仏さまを信じて、めでたくも極楽往生を遂げました。そしてこのお観音さまは今、布引観音といわれています。これを世に「牛に引かれて善光寺参り」と語り継いでいるのであります。
(この説話は江戸時代後期の浮世絵師、東都錦朝楼芳虎の「牛に引かれて善光寺参り」と題する絵に添えられた文章を現代語訳したものです。)



 善光寺は古来より女性の信仰の対象でありました。主人公のように信心のない女性にも、如来さまはお慈悲をかけ、導いてくださるということを説いています。阿弥陀如来さまの脇侍の観音菩薩さまが牛に化したというのは、まさに観音菩薩が阿弥陀如来さまのお使いとなって善光寺に導いたということなのでしょう。全ての衆生(生命のあるもの)を救済し極楽浄土へ導きたいというのが、阿弥陀如来さまのご誓願です。善光寺にお参りになりました折には、「南無阿弥陀仏」とお念仏をお唱えしていただき、如来さまとご縁をお結びになって下さい。

インターネットからコピーさせていただきました。


20070922173552.jpg


さてさて・・私は何を祈ったでしょう。。
最近家族の健康は勿論必ずお祈りする事があります。
それは必ず最後に「私に関わる全ての人が幸せでありますように」と


お参りを済ませ、ぶらぶらと参道を歩き、お店を覗き・・
途中可愛い看板猫ちゃんを撫でながら自宅で待つ可愛い家族を想い・・
旅先で動物に逢うとやっぱりホームシックになりますの。。

そうだ!ここまで来たら名物おやきを食べなくっちゃ~~
そう思ってふらふらしてると・・・
前方からお見かけしたお顔が・・・

「あ~~~ん!富山のDさんファミリー!」
ここで再び会えるとは~~~!!
思わず奥様と記念撮影しちゃいました。。
少しお話しして、お別れしました。

何故なんでしょうね。。前日小次郎さんのポイントでお声をかけて頂いた時から、
なんだか初めてお会いした気がしないんですよ。
奥様も旦那さんもお子さん達も・・
お子さん達も前日からいろんなお話しをしてくれて・・
小次郎さんを通じて不思議な縁を感じます。

たぶん、きっとまた会える気がいたします。。

そして、おやきゲット~~~
数種類ある中のお茄子を選びました。
熱々で中のお茄子とお味噌が美味でした~~~
「アツアツ・・うまうま」

ふっと何気に前方に目をやると・・・

「あれ~~~??」どこかで見かけたお顔が・・
あ~~~~!昨日真実ちゃんのポイントですぐ傍で観ていた人だよ。
間違いないっ!
確かにお掃除係りに任命された方だわ・・

私・・たいがい1度会った人の顔って憶えてるんですよ。
ずっと接客の仕事が長かったせいでしょうかね。。

思わず嬉しくなってお声をかけてしまいました。
お話しをお聞きすれば三重県からいらした事が判明~~~
大道芸パワーってやっぱり凄い!

家に戻ってから・・これまた・・ミクシイで再会~~~!!
凄いなぁ~~インターネットの世界って・・

また、どこかで同じ空間でパフォーマーさんのショーを観れたら嬉しいなぁ~~


本当に今回の長野行きはサプライズな再会や沢山の出逢いがありました。お陰でいい時間も過ごす事ができ、新しい出逢いもありました。


1つ1つが今も心にしっかり残っています。

こんな時間を過ごせる私は幸せモンだと思っています。。


明日は電車で1時間リベンジにかけます。。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
私も、善光寺でまたお会いできて、嬉しかったですよ~。できれば、もっともっとお話したかった位です。一緒に撮らせて頂いた写真は、いつも目に入る所に貼ってあります。長野での二日間を思い出すと、なんだかあったかい気分になって、元気になれるんですよ(*^^*ゞ。
おやきは私達も食べましたよ♪ 同じお店かはわかりませんが、茄子、きのこ、小豆をいただきました。どれも美味しかったです。
実は今日は、チロルの森まで小次郎さんのショーを見に行って来ました。それで、Gさんにお会いする事が出来たんですよ。小次郎さん(大道芸)を通じて、いろんな方と出会う事ができて…私も幸せだなあと思っています。これからもよろしくお願いしますねm(__)m。
(長くなってすみませんでした^_^;)
2007/09/23(Sun) 20:31 | URL  | DOI #-[ 編集]
そう言っていただけると・・
DOIさん>

有難いです~~
そんな。。写真貼らんといて下さい。。
こんなおば・・・の写真など(笑)
でも魔よけになるかもです。。
今日Gさんからお電話いただきチロルの事
聞きました。。
「みんなエエナァ~~~」と私。。
いい時間を過ごせたんですね!

またどこかで絶対お会いしましょう。
その時はよろしく
そして・・これからも・・・
2007/09/23(Sun) 21:45 | URL  | cat’nip #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。