忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年02月19日 (火) | 編集 |
何となく・・気分が落ち込みがちな最近です・・
んな事言ったって私が落ち込んでどうする!!
自分自身、心の中で渇を入れ、蹴りを入れます。
桜が入院して、今日で1週間です。
入院して4日目の土曜日の血液検査の結果は思っていたより数値が下がっていませんでした。土曜日病院に行った時、フードを自力で食べてる姿を確認できていますし、スリスリゴロゴロして気分が少し良さそうだっただけに、数値が下がっていないのが気がかりです。
入院をする1週間前の数値はかなり悪く、入院する時には更に数値は上がっていたはずだから、少しづつは下がっているのでしょうけど。
長い間かけて数値が上がったので下がるのにも時間がかかるでしょうと先生の説明。
いまだに考えられない数値でそれでもフードを食べているのは、桜の身体がこの状態に慣れっ子になっているのかもしれません。

血管から点滴が出来るうちに静脈点滴をしてそれで数値が下がらなければ・・
血管はもって1~2週間です。(片手で約1週間)

それでも自力でお水も飲み、フードも多少なりとも自力で食べ、ちゃんとおしっこも作られて
いる様子。一時期下がってしまった体温も今は平熱をキープしているようなので・・
たぶん入院を決めた頃よりは身体は楽なはず。
こんな時動物も話が出来たら良いのにと思います。

自宅からは離れた病院なのでなかなか逢いに行ってあげられない事が辛いのですが・・
土曜日に行った時にも面会時間はわずか10分位だったでしょうか?
時間は決まっていないのですが、桜が疲れてしまっては・・とか結局連れては帰れないので
かえって可哀想な気がして・・と病院にも気をつかってあまり長い時間は申し訳なくて。

桜の病気は「慢性腎不全」
年老いた動物の病気、発症率NO1だそうです。
死亡率もかなり高い病気です。

飼い主が症状に気付いた時にはかなり進行しているというケースがほとんどらしいのです。

入院時、先生からはかなり厳しい選択を提示されましたが・・
この病気で、しかもかなり厳しい状況で持ち直し、5年以上も生きれた子や
現在も闘病しながらも頑張ってる猫ちゃんは沢山居ます。

何もやってあげられないまま諦める事ができませんでした。
今まで何頭もの子を見送って来た我が家ですが・・
出来る事をしてあげるしかできません。

最期は自宅で見送った子がほとんどですが・・
桜はまだ9歳。
まだまだ普通に生きられる年齢です。

我が家の動物達の全て捨てられていた子達です。
小さい頃に出会った子も居れば大きくなって来た子も居ます。
決して贅沢はさせてあげられませんが、出逢って手をかけた以上出来る事はしてやりたいと
いう想いがあります。
それが出来ないなら最初から動物と暮らさなければいい。
私は動物達に多くは望みません。

犬は番犬にならなくたってイイと思います。
我が家のリュウとバービーはお家の中で十分番犬してくれてますけど。
動物はただそこに居てくれたらいいと思います。

おしゃべりもお手伝いもなんもしてはくれませんが・・
存在自体助けられる事が多いんです。

ちょっとした仕草や表情に笑ってしまったり・・
凹んだ気持ちの時は黙って膝に乗ってくれます。
そんな存在に日々癒されているんですね。

生きている体温が伝わってきて気持ちが優しくなれる事もある。

日々のお世話は大変ですが目に見えない何かを与えてくれる事が多いんです。

これは無償の愛の形なのかもしれませんね。

動物のお話は毎日山ほどあるのですが・・
あえて日記にUPする事は少ないですね。

もう日々の暮らしの中に普通に溶け込んでいる事なので・・

今回桜の入院は私自身が早く気付いてあげれたら・・
状況を早く把握して知識を得て病院の先生にもっと早い時点で強引にでもお願いすれば良かったんじゃないかと思います。
測定不可能な数値は絶望的だったのでしょう。
回復する見込みはほぼ無い事を告げられての決断は辛いものでしたが・・
明らかに数値は少しでも下がり、桜は生きようとしています。


その証拠に低体温も平熱に戻り、お水も自力で飲め・・
食事も自力で少しづつ食べています。動物は凄いな・・といつも思います。
どんな辛い状況でも人間の様に弱音を吐いたり恨み言もいいません。
生きる事を投げ出したりしません。


お知り合いの日記に印象的な言葉があります。

検査結果の数値より其の子の生きようとする力が大切。

この言葉が凄く励みになっています。

まだまだ油断は出来ない状態ですが・・
桜は頑張っています。

私もメソメソなんてしてられない。

そう思いつつも気持ちがコロコロと変化する自分が居ます。
何だかジッとしてられない想いと・・
何かが手につかない想い。。

急に襲ってくる焦燥感、何かに包まれていたい想い。
人間って弱いもんなのね・・

普段はアネゴ肌の私も何だか情けないけど・・

んでも・・頑張りますっ!
負けないぞ!お母ちゃんはっ

動物達に笑われないように・・

キラキラ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。