忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年04月14日 (月) | 編集 |
昨日、ディーリーの火葬を済ませ、少し心が落ち着きました。
午後から急に睡魔が襲ってきて少し横になり、、これから復活の道を歩いて行きますっ!

先月からずっと中断していた栃木路の旅のお話も再開しないと・・
月末になっちまう。

月末は超~~~美味しいたこ焼きを目指すんだっ!!
(また、食べモンかっ!!)

其の前にきつれがわレポレポ。

って訳で・・どこまで書いたっけ??
氏家に着いてホテルにたどり着いたお話までは書いたよね・・

(フムフム確認)

そうだっ夕飯前に・・いやお酒を飲む前にって言った方が良いかも知れない。
大浴場へ行くんだったわ~~~



大浴場は長~~~い廊下を突き当たって階段を下りた所にあるらしい。

お風呂は一つという事で予め宿の奥さんが木で出来た札を渡しておいてくれた。
それがこれ。

ハプニング大賞



これを浴場の入り口にぶら下げておけば良しなのだと言う。

階段を下がり浴場にたどり着く。
フムフムここにぶら下げれば良いのね??
しかし引き戸タイプのガラス戸は大きい・・その上入り口付近が非常に暗い。
ドアを開けるといきなり脱衣場。

「だ・・大丈夫か???」

一抹の不安がよぎる~~~よぎる~~~

その日の宿泊客は私の他に女性は居ないとの事
他にお二人が泊まられるけど帰ってくる時間帯は遅いから大丈夫との事だったんだけど。

でもここまで来たらやっぱり大浴場の方が快適に決まってる
女は度胸~~~!!

でもでもやっぱり一応乙女なんでいざという時の為に
バスタオルは持参。
常に自分の傍に置き、最悪は自分をラッピングすりゃ良い!

しかし・・なんで鍵が無いんだぁ~~~(泣)

お風呂は新しくは無いけど思ったより広々していた。

お風呂に入って5分ほど過ぎただろうか??

なにやらバタバタと階段を下りてくる音がする・・うんするよね??

ガラガラガラ~~~~!!って???

へっ?へっ?へっ?

も・・もしかしてもしかすると~~~

どぅするぅ~~~??アタシ??

ガラスの向こうで・・

着替えてますよね?
いや・・脱いでますよね??

急いで自分をラッピングした。

そして恐る恐る・・少しだけガラス戸を開け

「すみませんが・・今入っているんですけど・・」と声をかけた。

あちらも驚いたようで「はっ!そのようですね・・」

っておじさ~~~ん足元の脱衣かごみて不思議に思わなかったのかい??
ピンクの可愛いマリーちゃんのポーチが見えなかったかしら??

つぅか・・「立ち入り禁止」のお札が目に入らぬかぁ~~~??

もう少しで仁王立ちになり女水戸黄門になるところだったゼィ

あ~~~んそれにしても・・
オヤジのへそ見ちゃったよぉ~~~
へそでヨガッダドォ~~~

そして慌てるおじさんに更に付け加えた。
「出たら、入り口の札外して置きますから・・」って

本当に持ってて良かった。バスタオル~~の巻きだった。
出来ればこんな時は小次郎さんの持っている進入禁止のミニ、コーンか
○危険の看板をお借りしたい。

それを入り口にずらりと並べればいいじゃない・・

あ~~~それか銀色のun-paさんに入り口で見張ってて貰いたい。


まぁこんな経験なかなか無いだろうなぁ~~と思うとなかなか面白い。
去年の山形ではホテルのドア開けたら脱ぎ捨てられた浴衣がベッドの上に・・
これもかなり焦ったけどね。

まさに珍道中~~~
毎度ながらザッハプニング大賞をどなたか下さい。
こんなシーンに結構ヒットしちゃうアタシなのでした。

お風呂から出て部屋に戻り、道の駅のお惣菜屋さんから買ってきた煮物やから揚げ、サラダを
並べてまったり晩餐。

お惣菜屋さんのおばちゃんのお料理はどれも美味しくて・・
特に煮物には感動した。

椎茸なんか凄い味がしみていてまさにおふくろの味なの~~~

ホテルの窓から外を眺めるとシトシトと静かに雨が降り始めていた。
本当に静かな夜でテレビをつける気はなく・・
まったりした時間を堪能した私でありました。

つづく・・

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。