忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年05月05日 (月) | 編集 |
シンキロウさんのショーを存分に楽しませていただき・・
もうそれだけで満足。
お菓子博が混雑するのは想像がついていたし・・
まぁついでに少しでも楽しめたらそれはラッキーって思っていたから。
1番の目的は私の場合は大道芸ですから~~。
それにしても凄い人だったな・・
入場したもののパビリオンは一切見なかったし
せめて全国各地のお菓子販売には入れるかな?と思っていたけど
考え甘すぎ~~~~
んでもってちょっぴり悔しかったから(笑)
せめて昼ビール。

富山のDOIさんファミリーと昼ビール&焼きそばを堪能しました。
お昼からまったり野外で頂くビールは美味いっ!

あはっ・・ビール好きの皆さん、ごめんなさい(笑)

シンキロウさんの2回目のショーを観て時刻は2時位だったかな?
せっかくだから直ぐ傍の姫路城を見学に行こうという事になりました。

姫路に来たらお城は観ておかんとぉ~~

姫路お菓子博のチケットには割引券もついてるしね~~~

という訳でシンキロウさんにご挨拶していざ姫路城に向かう。
途中動物園をチラ見しながらね~~

朝はやる気なくダララんモードで寝てた白熊さんも
楽し気に走ってました。

(熊の走る姿、初めて観た・・)

それにしても・・・
近くで見る姫路城は素晴らしい。
なんとなく自分も姫になった気分じゃ(笑)

写真で見ると色彩的には派手じゃないけど、周りの新緑とお城の感じが良い。
きっと秋の紅葉の頃も綺麗だろうな?
ぜひ、実際出向いて観て貰いたい場所だわ。

さすが・・考える事は同じである。
お菓子博の流れだろう・・付近はこれまた混雑していたけど
まさか3時間待ちは無さそうである。

姫路城1


それにしても・・姫路城は見れば見るほど立派な造りである。

今まで何度かお城を見たことはあるけど・・
全て遠い記憶だし・・
ちゃんと憶えてるものは無い。


姫路城4

動物園側から1枚。

姫路城5


姫路城敷地内にはあの怪談で有名なお菊の井戸がありました。
あえて写真には撮りませんでしたが・・
深くて広い井戸でした。
想像では古い民家にある井戸を想像してたから・・

亡くなったお菊さんが井戸から出てきて「1ま~い、2ま~い」と皿を数える有名な怪談で、
「1枚足りな~い」って続くお話。
あれって「番町皿屋敷」だと思っていませんでしたか?


子供の時の記憶から番町とばかり思っていたのは聞き間違いだったのかしら?と思って

そこでネットで検索してみた。

番町も播州もどちらも正解。
播州<姫路城での話ですが、番町は江戸の番町という場所でのお話らしい。

この2つ以外にも、お菊さんの話は各地にあるらしいのです。

播州皿屋敷は、姫路城の乗っ取り話に絡んで、お菊さんが割ってもいない皿の濡れ衣をかけられて井戸に放り込まれるのです。

それで夜な夜な怨みを残し井戸から現れるんですね。

う~~ん・・昔の怪談って怖いけど・・
個人的には牡丹灯篭のお話が好きかな?
怖いながらも恋の美しさがあるから・・



姫路城の中は薄暗く、階段も急。
階段付近では見物のお客さんが一時ストップして長い列を作る。
階段の幅も狭いから・・ゆっくり手すりにつかまりながらじゃないと
危ないのだ。

降りる時は尚更怖い。
足元ばかり気をとられていると頭を天井にぶつけそうだし・・
閉所恐怖症の人はちょっと怖いかもしれません。

普段運動不足な私にはなかなかキツカッタけど・・
ここまで来て姫路城を観ないなんてと・・
気合を入れました。

姫路城6


写真は姫路城最上階からの外の風景。
風がひんやり通り抜けて気持ちが良い。

と・・ふと昔のお姫様の気持ちを考えてみた。
十二単みたいな御着物でここで本当に暮らしていたんだろうか?と
素朴な疑問が・・
階段の上り下りはどうしていたんだろう?と心配になった(笑)
もしかして昔のお姫様はパワフルだった?
そんなおバカな事を考えたりした。



姫路城3


この1枚が今回の1番のお気に入り。
姫路城見学を満喫して・・
何だかお姫様気分を味わった私であった。
1日置いて・・足首が筋肉痛になったけどね。(笑)

こうして姫路城を散策して時刻は4時過ぎ・・
アーケード街を抜けてホテルに戻る事に。

私は駅地下のデパートに地酒を購入するため
立ち寄りました。

最終日は買い物してる時間は無いと思い、ここで購入。
翌朝、ホテルから荷物と一緒に送ってもらえば身軽で帰れますから・・

ホテルに着いてから、大浴場にまたまた1番乗り~~~
暫し足を延ばし歩き疲れを癒す。

少しだけサウナに入って汗を流しました。

夜は富山DOIさんファミリーと近くの居酒屋さんに行き
軽く乾杯しました。

ホテルに戻り頂き物のたこ焼きを食し・・
ホテルのレストランで再度、皆で乾杯いたしました。
ワイワイと過ごす夜は楽しい。
一人でお酒を飲むのも良いけど・・
賑やかなのは楽しいね。

テンション上がります。

こうして姫路の2夜目は更けて行きました。

ホテルの部屋に戻り再度最終日のスケジュールチェックして・・
さてさて残り1日。

この日は外出する事はせず・・
おとなしく?眠りにつきました。


続きはいよいよ最終日のレポとなります。










スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
おっ、楽しんできたね~!!!
みんなでワイワイは本当に楽しいよね。
大道芸からのつながりの輪が確実に増えてるね♪
2008/05/07(Wed) 21:15 | URL  | ゆかり&あきひろ #-[ 編集]
不思議だよね~
ゆかり&あきひろさん>

少し前までは知り合うはずも無かった
方々と出会いこうしてワイワイしてるのは。
大道芸が無ければ知り合わなかった人達が
多いから大切にしていきたいよね・・
ゆかりさん達と初めてお逢いした
軽井沢が懐かしいです。
思わず思い出しちゃいました。
2008/05/09(Fri) 15:24 | URL  | cat'nip #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。