忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年07月05日 (土) | 編集 |
時刻はお昼の12時前。
確かショーは1時からのはず。
もしかしたら・・12時からになったのかしら?
らんま先生に確認します。
上野ではショーの時間が長いんですね。
場所によっては2時間同じパフォーマーさんが同じポイントでショーをします。

ここ噴水広場前では11時からのパフォーマーさんがショーをしていました。
2時間ぶっ続け・・この間4回のショー

いやぁ~~タフですね。
パワーありますね。

らんま先生の後方になにやらしゃがみこんで作業するお方が・・
のぞみさんでした。

相変わらず爽やかですね。

その後、午前のショーを終えたパフォーマーCHIKIさんが合流したり

ん・・ぉおおおお~~~~

大道芸人しんちゃんやパフォーマーのYAHAさんも。
皆さん私服でも何だかオーラが違うんですね・・
木陰で次々秘密兵器を取り出し準備とお試しを・・
こうして様子を拝見するとパフォーマーさんも普段は爽やかなお兄さん達だなぁ~

上野には多分控え室も無いから
みんな外で軽くオニギリ食べたりパン齧ったりしながら準備するんですね。

それはそれで和やかだったりパフォーマーさんの素の表情が見れて嬉しかったりします。

CHIKIさんは去年の夏、幕張でショーを拝見したのですが、凄い人気で正面から観れず
横から拝見していました。クールな印象があったのですが普段は明るいお人柄なんですね。

らんま先生のお道具を使っていろいろ楽しそうにお試ししていました。


さてさて・・時刻はもう直ぐ1時。
ここで木陰からゾロゾロ移動します。

勿論私達は1番前の席をゲッチュ~~~

今回初めての試みだというらんま先生とのぞみさんのショーの始まりです。

ユニット名は

「ロボラボ」


新コラボ1


噂のらんま先生
まずはサイコロのパフォからスタート

新コラボ2


後方でちんまり座ってるロボット君が可愛かったので思わずパチリ

らんま先生のショーは環境をテーマにエコを呼びかけるステキなテーマ。
解りやすく子どもでも大人でも馴染みやすい。
思わず頷いてしまう場面がイッパイあります。

お話の仕方も凄く解りやすい。
いろんな実験。

「へぇ~~なるほど~~」を沢山見せてくれます。

それに興味をひくお道具をイッパイもっているの。
今回はコラボだからいつもの半分なんですって
いつもは40キロ以上の荷物を・・

そうなんですね。
普段からお話に聞くのですがパフォーマーの皆さん荷物が多いですよね。
音響まで(スピーカー)いれたら凄い量になるんですよね。

車の移動だってみっちり荷物が詰まっていて
「これ?全部入ったの?」って位ですもんね。

隙間無く綺麗に収めてしまう技にもビックリなんですが・・

車の移動でも大変なのに電車での移動は尚更大変かと思いますもんね。

新コラボ3


ショーの始めはリモコンで動き出すロボット君
ソーラー発電です。(エコだもん)

新コラボ4


新コラボ5

本当にロボットを見ているみたいに細かい動きなんです。

新コラボ6


環境をテーマに実験が・・

新コラボ8


途中お客さんと一緒に楽しい実験を試みながらショーは進んでいきました。

コラボ1


そしてロボットからのメッセージ

コラボ2


コラボ3


季節が移ろいお花が大切な命が花開く・・

コラボ4


短い時間ではあったけど・・
ステキなテーマですよね。

さてさてレポはまだまだ続きます。
ショーの後半、思いがけず、夢の共演~~~

ザッ!超スペシャルバージョンをこれでもかっ!って言うほど(笑)

ご期待くだされ~~(笑)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。