忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月04日 (月) | 編集 |
桜を見送ってから、正直力を落としていました。
身体全身の力が抜けてしまってどうにもこうにも力が入らない・・
出来る事ならずっと眠り続けたい衝動にかられていました。
空元気出してみようにもまたしぼんで・・・
あ”~~~~~~~(泣)

張り詰めていた気持ちがホロホロと崩れ・・気持ちがドンヨリ
これじゃいかん!と思いつつ・・

「パトラッシュ・・もう疲れたよ・・」
少年ネロの心境でした。

思えば2月の病気発覚以来、桜は6ヶ月の間頑張って生きてくれました。
もともとおとなしい子で強引な子達の影で目立たない子でした。
猫の6ヶ月は人間で言えば2年にも値すると言います。

一時は走ったり爪とぎしたりまでして・・安定した病状も6月の入ってからどうも調子もあまり良くない
食欲にムラがみられる事もありました。

食べれる時期にも太らないばかりか痩せてきてました。

病院からはかなり厳しい事も言われていましたから
どこかで覚悟はしていたつもりですが・・
人の心と言うのはそう簡単にいかないモンです。

桜が亡くなってから丸2日
何とか納豆ご飯だけを胃に流し込み満腹感だけ得ていました。

しかし・・渇を入れられる出来事が起こります。

寝室組のシードの様子に異変が・・


ご飯タイムになっても姿が見えない・・
部屋の中を探すと片隅にグッタリしています。

身体を触るとカンカンに熱い。

熱中症か??いやそんな事は無いはず。
寝室はエアコンつけてるし・・

勿論食欲もありません。。
体温を測ると・・・


いやぁぁああああああああああああ~~~~~~~~~~~~!!


40.4度って~~~~~~


高熱じゃないの~~~~

猫の体温は普通は38度~39度までしょう??

私がクネクネヘナヘナしてる間にぃ~~~~

もう泣きたいの通り越して俄然やる気が出るアタシ。

「ごめんよぉおおお~~~お母ちゃんが治したるで!!」

抗生剤の投与。そしてウィルスに効果があるサプリの投与。

幸いな事に翌朝には動きも出てきて熱も39度台に・・
そこからメキメキ回復してと言うか・・
何事も無かったかのように食欲も出て回復しました。

これって・・・

もしかしたら・・これって

アタシシードに渇を入れられたのかもしれません。

ヨワヨワオーラ出まくりのアタシに

「お母ちゃん!何やってんねん?!」


それとも・・

「立つんだ!立つんだ!ジョォオオ~~~~~!」って事ですか?

ここでアタシは弱ってる場合じゃないと認識しました。

で・・今は元気です。

幸せは歩いて来ない。だから歩いていくんだよっ!とばかり歩き始めました。

週末は引き篭もりをやめて自ら家を出ました。

元気を見つけに・・・

そのお話は後ほどに・・・

つづく・・・・


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
天国へ・・・
長い間お疲れ様でした。

無理をして、元気にならなくていいんですよ。
悲しいお別れ、辛いに決まっています。
ずっと一緒だった家族とのお別れですから・・・。
だから・・・涙が沢山出るのは当たり前です。

自然に笑顔が出る時まで・・・。

私も父の最期の4日間、ずっと一緒にいてあげることが出来ました。それでも何もしてあげられなくて、後悔ばかり。自分を責めてばかりでした。
”親の死に目に会えない人はたくさんいる、私も会えなかったんだから・・・、最期を一緒に、それだけでも幸せ”と言われました。
その時は”会えても、会えなくても死んでしまったら同じでは??”とその言葉に拒否反応をしめしておりました。
少しずつ時間が過ぎ、”傍にずっといてあげられて、
よかったのかなぁ”って、考えられるようになりました。

今はただ桜ちゃんへの沢山の愛と思い出で、
沢山の涙で悲しい心を洗い流し、大切な時間を過ごしてくださいね。

でも・・・ご飯はきちんと取ってくださいね。
ご主人様が倒れてしまうと、他のかわいい
家族が大変なことになりますから・・・。

桜ちゃんは最期に、小さな眼でしっかりと”ありがとう。お世話になりました”って、
ご主人様にお伝えしたのだと思います。

動物にだって、しっかりわかります。

ちょっと前にTVで、動物の言葉、心がわかるアメリカ人の霊能者が犬の心をご主人さまに伝え、感動している場面を観たことがあります。

桜ちゃんは天国へ行っても、絶対にご主人さまのことは忘れないと思います。
困ったときは力を貸してくれることでしょう。
そう信じています。

だから・・・無理をせず、心の整理が出来るまで、
海を見たり、山を見たり・・・、心を癒してくださいね。

ご冥福をお祈りいたします。
2008/08/05(Tue) 06:38 | URL  | siena #-[ 編集]
NoTitle
sienaさん>

あとどの位こんな想いを繰り返さなくはならないのかな?と思うと気が遠くなったりします。
でもね・・人生には人それぞれ役目があって
これは神様が与えてくれたものだと思うようにしてます。
そう思うと乗り越えられる気がするの。

今もね。普通に涙が出ます。
それは洗濯してる時だったり、ドアノブに手をかけた
瞬間だったり空を見上げた時だったり・・
時にはホロリとそして滝の様にも。

たぶん時間が味方してくれると思っています。

sienaさんも随分お辛い思いをしたのでしょう。
でもお父様と過ごされた想い出は決して
褪せる事なく永遠だと思います。
そしてちゃんとお父様はsienaさんやご家族を
優しく時には厳しく見守ってくれている事と思います。
sienaさんらしくこれからも・・・
それを1番望んでるはずです。

私のお気に入りにはseinaさんのブログ
「頑張れ父さん」のページが登録してあります。
2006年の11月の日記です。

拝見する日記はいつも愛が溢れています。
お父さんはいつも天国で見てますよ。
そして応援してるはずです。

きっとsienaさんの明るい優しい笑顔が大好きだと
思います。
ひとしきり涙したら・・今度は花のように笑ってみて下さい。私もそんな笑顔で空が見上げられるように
ゆっくり歩いて行きますから。
2008/08/05(Tue) 23:39 | URL  | cat'nip #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。