忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年08月07日 (木) | 編集 |
本来ならユーカリが丘でのつづきをUPする予定でしたが・・・

前代未聞の大事件が・・(泣)

我が家で発生しました。
正直言って泣いても泣ききれないと言うか・・

怒りぶッ通り越して・・

呆然とするしかない・・いや呆然としてる場合じゃないっ!

昨日は弁天ドンがお休みだったので朝のスタートが少々遅かったのです。
お洗濯して洗濯物を干そうと玄関を出たら気がついた。

車の前にドンと置かれたスーパーのレジ籠
レジ籠が重なって1つの箱のようになって置いてある・・・

上にタオルがヒラリ・・

えっ??エッ!!ええええええっ~~~!

中に何かもの影が・・


怖い・・怖くて近づけない・・
傍に寄れないって言った方が正しい。。

急いで弁天ドンに

「ちょ・・ちょっとぉおおおおお~~~~~見て見て見て!」
もう意味不明だ。

私のこのリアクションに彼はピン!ときたらしい。

「まさか・・??」

そのまさかだ・・

弁天ドン確認。




「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・・・・・・??」


そして・・一言。

「やられた・・」

こうゆうケースを我が家ではこう言う。


籠の中にはチャトラの成猫。

ピィ・・ピィ~~~~~って!!

ピィ~~~~って言いましたよね???

空耳と思いたかった・・

しかし、、、、

お腹の下に小さな足が見える。

「生まれたてじゃ~~~~~ない~~~~!!」

それに成猫のお腹はパンパン。

って事はまだ出産の途中ですってば!!

要するに、、飼い猫のお産が始まって慌てた飼い主が捨てたという事

人の家の前に・・

信じられない・・人として許せない・・
ワナワナモード全開だっ
この怒りをどこにぶつけりゃ良いのよ。

頼むから札束置いてくか20発くらい殴らせろっ
ついでにライダーキックもっ

乱暴な言い方だけど腹の虫がおさまりません。

さて・・どうする??
暫し言葉を失った私たち。

弁天ドンの口から「警察に届けるか??」と

警察=処分が頭に浮かびます。
処分という事は死を現します。

「そんな事したら殺されちゃうじゃん!」

我が家を選んでこんな状況の子を置き去りにした飼い主に腹が立ちます
それでも人間かっ!!
自分さえ良ければいいのか!!

好き嫌いで保護なんて出来るもんじゃないし
これからかかる莫大な費用だってどうするんだっ!!

我が家は一般家庭以下なんだっ!

ええ!もう毒吐きまくりますわ。
捨てた本人はどこの誰だか解らない
怒りのぶつけどころがありません。

もうね・・こうゆう生活してると人は言うんです。

「きっと良い事あるよ」って・・・

それしか言いようも無いですよね。
でもここまで来るとドラマ家なき子の安達祐美の有名な台詞を叫びたい位です。

敢えて書きませんけどね・・・

とにかく、迷ってる時間は無い。
だって外は炎天下なんですもの。

この子に罪は無いもの・・

泣きたい気持ちを我慢して・・
さてどうする?私・・

保護してあげられる部屋も我が家は既に満員御礼
無いんです・・
無いなら作るしかありません・・
無理矢理に・・


まずはチロルファミリーにリビングに移ってもらうしか無い。
ケージを準備して移動、、

そしてチロルたちが使ってた大きめのケージを急いで掃除して
私の作業部屋で産んでもらうしかない・・

滝のように汗が出ます。

弁天ドンは全く手伝ってはくれません。
仕方が無い事です。

彼にもこれから負担がかかる事ですから・・
いつも仏のようではいられませんよね(そうでは無いんだけど)


何とか猛スピードで準備が出来ました。

あ”~~~ママ猫は勿論落ち着きません。

それゃそうです。お腹は痛いし、訳のわかんない所に捨てられるし
知らない匂い、人
こんなんで良いお産が出来る訳は無いんです。

鬼のような飼い主が許せないのと同時に
その子が不憫で涙が出ました。

でもしょうがないのよ。
捨てられたんだから・・

過敏になってるママ猫に全てを任せるしかない。

飼い主でもない私が傍に居たんじゃストレスになりますから・・

暫くそっとして置くことに・・
空調だけ気を使い・・

暫く買い物に外出することにしました。


後編に続く。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。