忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月20日 (土) | 編集 |
さてさて・・
NAGANO大道芸フェスティバルレポもようやく先が見えて参りました。
走り続けた2週間~~(2週間もかっ!)
心に残る記憶を辿りながら書き上げて参りました。
せっかく書き上げたレポを一瞬で消してしまった日もあります。(泣)
しかし・・思い出して書き上げてる時間は楽しかった。
撮ってきた動画を時々眺めては・・
祭りが終わってしまった後のなんとも言えない寂しさを感じながら

「う~~~んさびちぃ~~~」とクネクネしてみたりね。(笑)

ミラクルマーメードさんのショーを観終えたのは
もう夕方の6時を過ぎていました。

ここから私は善光寺方面に向けて上る事に。

「鯉」
になったつもりで・・(笑)

改めて上り始めると結構距離があるのよね。
考えたらろくにトイレ休憩もお茶もしてない事に気がついたよ。

そしてようやくめざすポイントに辿り着いたのでありました。

時間的にはここで余裕をとっておいたのですよ。
このポイントでのショーは絶対外す訳にはいきませんからね。
ようやく出来た時間、ポイント近くのお店を覗く事に・・

ここで魅力的なあのお方が手招きしてる。
キラキラ光るそのオーラに吸い込まれそうな私。

いや、吸い込まれたっ!

そのお方は店頭のガラスケースの中にお仲間達と並んでいました。
琥珀色に焼けたお肌が眩しい・・

はい・・

ビールちゃん
ですが其れが何かっ??

思わず・・強引LOVEな誘惑に負けてしまいました。
私、こう見えて強引LOVEに弱いんです・・

ザッ、弱点1


しかし・・お店の人いわくグラスは無いと言ふ。

「もぉ~~そのままいっちゃって下さいっ!」ってお兄さんねぇ~~~

ビールラッパ飲みかよっ!

あ~~~良かったよ大瓶じゃなくて・・
一応私だって乙女の端くれだよ。

これでも恥じらいだって残ってるんだよ
普通のオバサンじゃ無いのよ~~

まぁいっかぁ~~(笑)

ここで水分・・いやアルコール分を補給して初めてホッと落ち着いたような気分になった。
前から行きたいと思ってた近所の猫雑貨のお店を覗いたりオーナーとお話したり
近くのお店の方とおしゃべりしたり・・
まったり過ごしつつ時折ベンチに腰掛けてみたり・・
やっぱ椅子はいいやね~~

普段から運動量が極めて少ない私は
既に足がパンパンブヒィ~~~だったしね。


で・・本題ですが・・
今回のNAGANO大道芸このポイントでの1回目、2回目のショーは諦めました。

この3回目のショーに全てをかけておりました。(笑)


何でだっ!!

人生の試練でございます。(大袈裟・・)
こんな事もあるっ!(己に言い聞かせる)

ラストのショーを思いっきり堪能すればそれで良し!

そうです・・そうなんです・・
ここのポイントは富山の貴公子とか王子とか・・SとかMとか・・(笑)密かに呼ばれる

小次郎さん、そうっ!小次郎さんのポイントなのぉ~~~~~

ジャガジャガジャカジャカ~~~~~(ドラムロール)

うんうん・・・ちょっとずっこけた王子だけどね(笑)←ご、ごめ~~~~ん。

暫くしてポイントに現れた小次郎さん。

お天気も小次郎さんも危うしな感じが漂ってる~~~

大丈夫かぁ~~~
気張りんしゃい。

母は鬼と化す。小悪魔、いや・・大悪魔とも言ふ。

もうこの時間になると辺りは暗くなり始めていて・・
一抹の寂しさをかもし出す。

ここで長野のお友達も合流~~
泣いても笑っても小次郎ショーはこの回で最後だ。

遠慮はせずにS席に座り込む。

そのうちにわらわらと集まりだすお客さんたち。
いい感じで人の輪が出来始めていました。

今回のショーは写真がたったの1枚。
ビデオ撮影もごく一部。

あとはしっかりこの細い目で見て
心の目でも見て応援しようと思っていました。

なので・・自分で撮影した写真1枚と、
富山のお知り合いのブログからお昼の部の写真を拝借する事に・・
我儘な私の申し出を快くOKして下さった富山のaさんありがとう~~~

koji1.jpg

唯一写した1枚。
辺りの暗さが解るでしょうか??
ライトは一つのみ。

去年のラストのショーの様子をなぜか瞬時に思い出していました。



ここからは富山のaさんの撮影した写真の数々・・

凄いまともな表情の小次郎さん。(笑)

なかなか遠くまで行けない私を気遣ってか・・お知り合い達が時々小次郎さんの写メを送ってくれたり
するんだけど・・
いつも、あんな顔とかあんな顔とか・・

直ぐふざけて変顔をしちゃうみたいでなかなかまともな写真を持ってないのですよ。実は。

日中観れなかった分aさんのブログでなんだか昼の回も楽しめたみたいで
嬉しかったな~~

うんうん、昼はこんな感じだったのね。

P3050195a-thumb.jpg


P3050205a-thumb.jpg

P3050240a-thumb.jpg


P3050186a-thumb.jpg

この1枚早速PCの壁紙にさせていただきました。
しつこい位の小次郎さんバージョンになっています。(笑)

P3040835a-thumb.jpg

うわぁ~~~凄い人ですね~~
特に子ども達が多いのがお解かりになりますか?
小次郎さんのショーはジャグリングのショーなんですけど子ども達の人気は抜群のような気がします。

普通に「イケメン」のお兄さんだと思うのですが・・

実は前日お友達と居酒屋さんでの会話なんですが、

私・・「ねぇねぇ小次郎さんってさぁ世間一般にはイケメンなんだろうかね~~?」

お友達・・「うんうん、そうなんじゃない。」

私・・「ふ~~んやっぱそうか・・たぶんそうか・・きっとそうなのか・・」


ってどんな会話じゃい??
そんなイケメンな大道芸のお兄さんが実は凄く人懐こくて、気さくな雰囲気◎なもんだから
ショーが終わってもなかなか離れないんですよ。子ども達がっ
ハッ!私も離れないけど(笑)

周りに対しての気遣いも忘れないから、誰にでも好かれるんですね。

ショーの内容を見ているとそんな性格、人間性が滲み出ている気がします。
それが損なのか得なのかは観る人によって感じ方はそれぞれだと思うけど・・
この世界、損、得じゃ無いと思うしね。

いや・・たぶん人徳。

暖かさとか、思いやりとか、気遣いとか・・

他のジャグラーさんが出せない味を持っているから私は好きなんですね。

いくら技が素晴らしくったって・・
その人の本質がどこかで見え隠れしてしまうものなのかなぁって思う事もあります。
それが直ぐ解ってしまう場合もあるし、、回を重ねて見てるうちにって事もありますからね。

そんな内面がちゃんと観る人の心にも反映されるのかなぁと思うと
大道芸って本当に深いなぁと思います。

最後の回も暗くなってるのも関わらずお子さん達も応援してましたね。
後方のご家族連れの小学生低学年の男の子が隙間から食い入るように
眼をキラキラさせながら観ているのがショーの始まりからよく解ったんです。

少しつめて、「ここに来てみたらと」促しますが・・
長野のお客さん凄く謙虚な方が多いんですよね。

親御さんが大丈夫ですよ~それに2回目なので、ここで大丈夫ですよ。と。
こうゆう事が解ると私も凄く嬉しい。

みんなが楽しみにしているそんな空気が感じられて
改めてここでショーを観ている幸せを噛み締めましたね・・

ショーの最中、小雨も降っていたけどそんなの全く気にならない位
夢中で見ていました。

ボールシリーズの「蟷螂」にはのけぞる位笑っちゃいました。
私のツボにヒット(笑)

内心「ちょ・・ちょっとぉお~~やめて~~!イケメンなのにぃ」と。

P3040917a-thumb.jpg

この日の小次郎さんのポイントは善光寺からは近い位置。
つまり坂の傾斜がかなりきつかったと思います。

そんな状況でも一生懸命な姿勢が感じられ・・

ディアボロの演目では限られたスペースをいっぱいに使ってダイナミックなショーを見せてくれました。
ショーを観ていていつも思うのは動きは大きいから見栄えもするなぁって事。

ノビノビと演じられてるのが実に気持ち良いのです。

P3050379a-thumb.jpg

普段はこのシーンなかなか写真に収められませんが・・
今回aさんの写真をお借りしてブログにご紹介が出来ました。
綺麗に撮影されてますね。

今回最後のショーちょっぴりハラハラもあったけど・・
久しぶりに楽しむ事が出来ました。

ショー終了後、いつもだったらその場に居すわるのですが・・
可愛い応援団も来てらっしゃったみたいだし・・
ここはちょっぴり気をきかして。

離れましたとも・・(笑)

私もそうそう野暮じゃないからね~♪

小次郎さんには「じゃ行ってくる!」と告げ

そして・・最後の最後はやっぱりあの方の所へ。
今からだったら少しは拝見する事が出来るはずと富山のDOIさんと合流して
再び坂を下る私でした。

随分続いたレポもいよいよ次回は最終章になる予定です。



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。