忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008年09月21日 (日) | 編集 |
もう・・すっかり暗くなりった坂道を再び駅の方に向けて富山のDOIさん親子と
下っていく。
この時間は何とも物悲しい。
次のポイントを最後にフェスも幕を閉じる。
それでもDOIさん達が居てくれたお陰で寂しさも薄れた気がした。

NAGANO大道芸ラストを飾るのは富山のビックパパ(パパにしてはお若いが・・)
作芸人磨心さんだ。

ポイントに辿り着くとそこは良い空気に包まれて居た。

お客さんがぐるりと囲み、静かにショーを楽しんでる感じが伝わってくる。
お客さん一人一人が演奏に耳を傾け聴き入ってる感じが解る。

音楽にあわせて身体を揺らす人。
ステップを踏む人。
手拍子をする人。

本当に優しい空気に包まれている感じがする。

そして演奏にあわせてお客さんも口ずさんでいた。

ほの明るいライトの下で。

もうこの時間は写真の撮影は不可能。
なので私はビデオを回した。

撮影ポイントはあえて作芸人磨心さんのサイドからと後方から
するとお客さんの楽しんでる様子が良く解る。

ビデオをまわしながら・・私自身
余韻に浸るように楽しんでいた。

何だかお客さんもフェスティバルが終わってしまうのが名残惜しいような
そんな雰囲気が感じられた。

演奏に耳を傾けながら・・
また来年もこの場所でこのフェスを楽しめたら良いな・・と強く思うのと
同時に今この場に居れる幸せを噛み締めた私でした。

いつも全力で素晴らしい演奏を聴かせて下さる作芸人磨心さん。
自ら汗を流し・・
感動を与えてくれる。
いつもちっぽけな自分を省みたりしちゃうのだ。

心に響く演奏、パフォーマンスをありがとうございました。


走り続けて来た長野のレポもそろそろ終了。
でも・・何か寂しいと言う訳で・・
オマケ編をUPしたいと思います。

(明日になるかな?)

で・・明後日は神楽坂に向かう予定です。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。