忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年07月05日 (日) | 編集 |
今日はちょっと嬉しいご報告と言いますか・・

既にミクシィのマイミクさんはご存知かと思いますが

改めて、こちらの本家本元?のブログにもUPしたいと思います。
このご報告は正直いつしようか?と考えていました。

まるで夢のような・・

私にとっては奇跡とも言える現状なので
信じられない・・と言いますか・・

いえいえ・・きっと心の中では信じていたんです。

それが現実となった訳ですから
嬉しさもあり・・

でももっと確実なものになってから・・とも思っていました。

で、今日はプチお祝い気分で日記を書いています。

実は既にご存知の方も多いかと思いますが
我が家の愛猫シードが今年の春3月に2度目の発作を起こしました。
秋に最初の発作を起こしています。

肥大型心筋症による発作で
今回も後ろ両足の麻痺。

発見が早かったので直病院へ、そして入院、治療が始まりました。
血栓溶解剤を使って固まった血液を溶かす治療が続きました。

入院して3日経っても5日経っても1週間経っても
足の反応はほとんど無く

入院中は食欲0で全く食べ物を口にしようとしないので
皮下補液のみ

入院中に劇的に痩せてしまったシードでした。

今回ばかりは両足の回復は期待できないだろうと先生からも言われ
最悪の場合、足の壊死、そうなれば足の切断も考えなくてはならず、
心臓の悪いシードはオペさえも困難。

お話を聴いてるだけでなんかクラクラしそうな内容でした。

今回は回復が思わしくなく、入院も長引きました。

治療は日に2回注射をする事なので
通院に途中で切り替えました。

通院のストレスはあれど病院に入院しているストレスを考えたら・・
自宅の方がリラックスできるはずですから。

退院する頃にはほんの少しフードを口に出来るようになっていましたし
相変わらず後ろ両足はだら~~んと伸びたままでしたが
前足だけを使って何とか動くことが出来ました。

通院に切り替えてからは、私が毎日、午前と夕方に
自転車の前の籠にペット用キャリーバックをくくりつけ
雨の日も風の日も通いました。
勿論、投薬も毎日欠かさず(今でも)

自宅に戻ってからはケージの中を中心に
見ていてあげられる時間帯にベットの上に出してあげていました。

利かなくなった足を引きずるように移動する為
ベットの上とは言え負担は大きく
爪が根元から剥がれ其の度に出血もしました。

退院してから1週間位経った頃だったでしょうか?
ちょっと目を離した隙にベットからの着地に失敗したのか
右足が・・・
只でさえ利かない右足が
ぶらりと力が全く入らない。
いや・・元々力など入らなかったのですが
明らかに変。

もしかしたら筋を痛めたのか?骨折したのか?

病院の先生からはレントゲンという言葉が出ましたが
私はハッキリ聞きました。

「レントゲンを撮って結果骨折と解ったところでこの子にする
治療はありますか?」と。

先生の答えは「ありません」でした。

「通常の子だったらオペで骨折の治療を出来るけど
この子の場合は心臓の病気だから手術も出来ない。
レントゲンは今どうなってるか?を知る為だけのもの。
冷たい言い方だと思いますが出来る治療はありません」と

私は

「いえ、ハッキリ言っていただいて大丈夫です。
ならばストレスをかけてレントゲンを撮るより
其の分今後の治療にかけてあげたい」とお話しました。

現実問題、入院、治療とかなりの出費でした。
それに我が家は大家族で、他にも年老いて
毎日投薬しなければならない子も何匹か居て
どこまでシードの治療を続けられるのか正直不安でした。

それでも頑張ってこれたのはシードの生きたいという想いを
目のあたりにしている事。

そして話を聞いてくれたりアドバイスしてくれる仲間も居ること。

何かの足しにと手作り品をオーダーして下さる方。
ご自身のブログでネットショップの事や作品をPRしてくださる方も居て
精神的にも救われました。

本当に有難い事です。

随分長い間通院も続きましたが
途中から思い切って投薬のみに切り替えました。

2度目の発作から3ヶ月以上過ぎる今

6月からシードの左足がぎこちないながらも地に着くようになりました。
それからしばらく過ぎた頃、

え??

確かに??

最初は見間違いかと思いました。

右足も着いてる??

着いてるよね??

数日間は着いたりグリップしてしまってたり不安定でしたが
今はしっかり着いています。

したがって動きもだいぶスムーズになり
寝室組みの仲間を走って追いかけて遊ぶ事もできるようになりましたTT

ベットから降りることも上がることも軽々出来るようになり
シード自身凄く嬉しいんだと思います。

足が利かない時は皆が走る姿を寂しそうに眺めていましたから・・

シードは心筋症という怖い病気を抱えていますが
病気をしてから仲間に対して凄く優しくなりました。

元々人間は大好きでべったりですが・・
(元野良とは思えない人懐こさで初めての出会いは庭にやって来た
シードがいきなり私の背中に飛び乗り背中越しにスリスリしたビックリな
出会いでした)

仲間に対しては女王様で
すぐ「シャ~~~」って威嚇してたんです。

それが今では仲間を舐めてあげる優しいお姉さんです。
たまに白熱し過ぎてガブリとする事もありですが・・

とにかく、こうして良いご報告がようやく出来ることが
嬉しいです。

諦めなくって良かった。

奇跡は起こるものですね。

今日は私の中でのお祝いって訳で

禁断の甘いもの(ワッフル)を頂き一人お祝いしました。


そうじゃないだろっ!?

なんでおまえなんだっ!!

はっ!勿論シードにも何か考えましょうね・・(汗)

シードの写真でお楽しみ下さい。


回復編


gokigen.jpg

ある朝の1枚。。

ここはどこ??

お母ちゃんの腹の上~~

ポニョ~~ポニョ~~♪

Image488.jpg

しっかり立てた両後ろ足。

おめでとう~~~


愛の劇場編

あなた~~~~の燃える手で~~~♪




わたしを抱きしめて~~~~♪



Image461.jpg

ねぇ!チュウは??

チュウ~~~~!!!



Image462.jpg

ラグちゃん・・LOVE

Image463.jpg

あら??あらら??心変わり??
ラグちゃん、ションボリ・・


Image459.jpg

って??


もしかして恋??


あ~~~た達っ!!
女の子同士だわよねっ!!



以上。

ある愛の形をダイジェストでお送りしました。


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。