忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年10月07日 (水) | 編集 |
SOBUKIさんのショーの後
商店街をひたすら進み次なるポイントへ急ぐ。

直線距離だけどかなり離れたその場所を目指す。

ただ・・黙々と・・(笑)

1番外れにあるそのポイントにどうやらギリギリセーフで到着した。
すでに前列にはマイミクさんや見慣れたお顔も・・

ここは壊れたロボットこと
大道芸人のぞみ君のポイント。

弁天ドンから一眼レフを奪い取り
今回の撮影は私が担当。

ずっしりした重みとシャッターをきる時の手応えが心地よく
癖になりそうだ。

持って歩くのは重いのでコンパクトなデジカメは便利なんだけどね。

今回ののぞみ君のショー
ほぼロボットバージョンで構成されてて
凄く良かった。

なんだかどんどん進化していってるのが解るショーだった。


それではお写真中心にお楽しみください。

ロボットの物語

ロボットの心の動きに気持ちを寄り添わせて観てみよう。
忘れかけていた心を取り戻せるようなそんな物語だ。



kita-no1.jpg

これからここでショーをします。と笑顔で説明ののぞみく君

kita-non2.jpg

今回はこんな小道具も目新しく・・
風があって木が倒れちゃうと自ら固定をする・・
木のj陰からこんなお茶目なシーンを・・

kita-non3.jpg

優しい曲にのせて・・
ロボットが動き出す。

古びたジョーロで大地にお水を・・
いつか花咲く事を願う気持ち。

幸せの種まき。

kita-non4.jpg

大地にお水をあげるとね。
キラキラとブルーの輝きが・・

人の心もこうして潤うのかな?
優しさに触れて・・

kita-non5.jpg

森の木がやっぱり風で倒れてしまって
大切そうにおこすロボット

木から落ちてしまった小鳥を大切そうに見つめて空へと飛ばすシーン

kita-non6.jpg

旅を続けるロボットは街に出て小さな命と出会う。

「ロボットと子犬」

kita-non7.jpg

不思議だね・・ふたりがこうして・・逢えた事・・♪

無邪気にまとわりつく子犬
小さな友達・・

子犬を触ってみる。抱き上げてみる。
感じる温もり・・お日様の匂いだね。

kita-non8.jpg

いきなりの冷たい雨

kita-non9.jpg

ロボット自身が傘となって子犬を雨から守る・・
濡れないように・・冷たくないように・・
その心の動きが愛しい瞬間だ。

はしゃぐ子犬・・
車のブレーキの音

悲しいさよなら・・

抱き上げても抱きしめても
消えていく温もり・・

あ~なんて切ないんだろう。
涙がこぼれてしまうシーン。

あわててカメラを構えて隠してみるも
涙が零れて・・

最後の演目「ロボットの一生」へと続く
旅をしたロボットが最後にたどり着く場所という意味で作った作品だそうだ。

kita-non10.jpg

小さな命に対しての優しさが感じられる作品

kita-non-11.jpg

踏みつけてしまった小さな命

kita-non12.jpg

「この心の痛みは何だろう?」

kita-non13.jpg

自分自身に問いかけるロボット

そしてまた温もりに触れて
小さなものへの愛情を・・
痛みを・・

気づいていく。
kita-non14.jpg

そっと
大切に抱きしめてみる。


kita-non15.jpg
kita-non16.jpg


ボクノイノチノカケラヲアゲルヨ・・

kita-non17.jpg

やっぱりのぞみ君のロボットストーリーは素敵だ。
優しさに満ち溢れてて・・

涙が零れるけど最後に笑顔になれるそんな作品だね。
観ているお客さんもみんな優しい表情になり・・
優しい風が吹いてる感じが凄く素敵だね。

kita-non18.jpg

ショーの後深々とお辞儀をするこのスタイルも変わらない。
使われてる曲も心に響く・・

ラストはこんなフレーズ

あの笑顔を見せて
僕の大好きな
時を止めてしまう魔法みたいな♪

kita-non19.jpg

あ・・この後ろ姿は真実ちゃん
そう、のぞみ君のショーを後方から観ていたんだった。

kita-non20.jpg

握手を求めるお客さんの列・・
しばらく続いていたっけ。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。