忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年02月18日 (木) | 編集 |

少し前の話になりますが・・

思いがけず、素敵なお店を訪れる事が出来ました。

それは地元の田園の中にある小さなお店です。
小さなと言いましても元々はオールドノリタケの美術館と言いましょうか?ギャラリーと言いましょうか?
趣味で集められた物を展示していらっしゃるという噂は数年前から聞いておりました。

そのギャラリーがレストランを始められたというお話も聴いてはおりましたが
なかなか敷居が高いイメージがあって訪れる機会は無くていました。



今回、お友達が

「ここに行ってみない?」と誘ってくれました。

思いがけず・・凄く嬉しひ。。


そのお店は大きな通りから複雑に入り込んだ田園の中にひっそりありました。
途中数箇所に小さな看板があるのみで
地元の人でもなかなか解らないんじゃないかしら?
夜来たら絶対たどり着けないんじゃなかしら?って思う場所にあります。

う~~ん・・だからこそ・・
高まる期待。

決して一人では来れない場所だしね。

お店に行く途中、念の為、電話で予約を入れました。

こじんまりとした店内はどこか温かみのある作りでテーブル席が7~8席でしょうか?
奥に個室があるようでしたが丁度良い感じの広さです。

ランチコースは3種類あり真ん中のコースをいただきました。

残念な事にこの日、デジカメは持っていませんでしたので
携帯で1枚だけ写真を撮らせていただきました。

携帯だとぽろろ~~~~ん♪と音がしてしまい
やはり気が引けますから・・

う~~~ん全てお見せできないのが残念。

だって流石使われてる食器もこだわりが感じられ
お料理はどれも美しいんだもの。





20100218122218



写真は前菜のプレートです。

パンプキンスープと蛸のバジルソース、マグロとアボガドのバルサミコソース添え、生ハムとサツマイモ
どれもそれぞれソースに工夫がされていて流石千葉サツマイモがほっくりと美味しい。

彩りも綺麗で楽しくなるようなプレートでした。

その後、有機野菜のサラダと自家製のパンが出されました。

サラダにはハーブ系の葉物野菜、大根、サツマイモ2種などが彩りよく盛り付けられ
野菜そのものの味がいきるよう、味付けはシンプルなドレッシングでした。
お料理にはアボガドオイルがふんだんに使われているようです。

自家製パンは鶏のレバーペーストのカナッペ
(レバーが苦手な私はお友達にあげてしまいましたが)

ローズマリー入りのパン

アボガドオイルのパン

バターなどは添えられてなく素材の味を楽しむ感じでしょうか?

噛むとハーブの香りが口の中で広がり身体に良さそうです。

メインのパスタは3種類の中から選べてトマト味も気になったけど
ブロッコリーと生ハムのクリームパスタを選びました。

食に関してチャレンジャーなお友達は
ポルチーニのクリームパスタを選びました。

ポルチーニは運ばれて来た途端濃厚な茸の香りが・・
味は酸味が少しあり香りが口の中に広がる感じでしたね。

生ハムとブロッコリーのパスタもまろやかで
パスタ自体が凄く美味しいと感じました。
時間をかけていただいてもパスタの硬さがいいんです。
歯ごたえがあって大変美味しくいただきました。

ここまでで結構お腹も満たされてきていたんですが
ここでもう1品

シェフのお勧めのメイン料理が加わりました。

チキンのソテー菜の花のリゾット添え。
これがまた美味しい~~


チキンは皮の部分がカリカリで香ばしく
お肉はとってもジューシー

お醤油ベースのソースもとても美味しかったです。
添えられたリゾットもチーズがきいているのにしつこくなく
手をかけているのが伝わってくる1品でした。

最後はコーヒーで〆。

とっても幸せな時間でした。

いつかまた来たいな~って思いましたね。

季節的に田園風景も春から夏が1番綺麗みたいです。

お店のスタッフの方の感じも良いし、帰り際カウンター越しに厨房のシェフが
笑顔で会釈してくれました。

お料理に携わる人ならジャンルは違ってもこんな自分のお店を持ちたいと思うんだろうな。
そんな事を思ったりもしました。

思いがけず素敵な場所を選んでくれたお友達に感謝しています。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。