忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年04月09日 (金) | 編集 |
極のショーを拝見し

その後、直ぐ同じポイントで

今回初見の「ミスターバード」さんのショータイム。

お知り合いの日記などでお名前を知っているものの
生でショーを見るのは初めてで。

今回千葉で見れるなんてラッキー。

あ・・彼がミスターバードさんなんだぁ。

高まる期待!!

もうね・・最初から彼の動きに釘付けですよ。

ミスターバードさんのジャンルはアニメーションダンスと言うのかしら?
その言葉は耳にするものの生で観るのは初めてに等しい私。


mr2.jpg

信号が青になった時

そのショーはスタートしました。
このスタイルにお子ちゃま・・号泣~~

うん、確かに怖いよぉ。

mr3.jpg


でもすかさず・・いじけて小さく手を振るあたりのアフターフォローを忘れません。

mr4.jpg
mr5.jpg

mr6.jpg

「凄い・・凄すぎる」

そこでまさかの音響トラブル。
ショーの準備段階でこだわりのスピーカーを確認してた弁天ドンは
かなり気になっていたようだった。
スピーカーの存在が・・W


実は弁天ドンかなりのスピーカー好きです。。
家の和室なぜかスピーカーだらけです。

スピーカーが聳え立っています・・><

どうもショートしちゃったみたいですね。

ミスターバードさん自身音に対してこだわりを持っているのだと思います。
残念そうではありましたが・・

音響トラブルを乗り越えて熱く見せて下さいました。


mr7.jpg


mr1.jpg


こんな小物を使ったコーナーも・・
思わず可愛かったので写真に収めました。

mr8.jpg
mr14.jpg
mr15.jpg
mr16.jpg

ショーの流れも見てて飽きること無く
どんどん惹き込まれていきます。


途中のパフォーマンスシーンで
近くに居たおじ様は「これは凄い」を連発。


ダンスシーンは圧巻です。
すんごい、かっこええ~~の。

mr17.jpg


ご婦人方はコンタクトジャグリングの不思議さに

「あれは・・静電気かしら?」とか
「あれはきっと軽いよね~~」とか
なかなか面白いコメントです。。


最後の作品は

「糸」という作品でした。


この作品がまた素晴らしかった。


mr18.jpg
mr19.jpg
mr20.jpg
mr21.jpg


人は何か夢を持って生きている。
守るべき者が居る。

夢を諦めなければきっといつか叶う。

mr22.jpg


そんなメッセージのこもった作品でした。

操り人形がいつか人間になりたいと願い
自ら繋がれた糸を切り離していくストーリー。

ミスターバードさんの動きは力強くって
それでいて繊細。

その動きに魂がこめられてて・・

泣けてきた。。


自分自身の夢を叶える為に
糸を一本一本切っていく・・

絡まって倒れても

もがいても

必ず自身の力で立ち上がり

道を切り開いていくのです。



そして最後には誰かの力を借りて・・

全ての糸を切り離したとき・・

ようやく人間になれた操り人形。

メッセージ性があるこの作品

そのメッセージの中には
普段いろんな事に縛られてる人間の姿が重なったりもする。

決められたレールの上をただ進むだけの人生だったり

人にどう思われるか?の体裁みたいなものだったり

そんな物をまっさらにして
自分はどう生きるべきか?

そんな事を考えさせられる作品だった。


このお話を某サイトに日記として入れた時、
日記を見ていたお友達がこんな内容のコメントをくれました。



僕は勘違いをしていました。
大道芸とはただ人を面白がらせたり笑わせたりするものと・・

私の日記を見て自分も大道芸が見てみたくなったと・・
もしかしたら何かが変わるかもしれないと・・


確かに大道芸は奥が深いと思う。
観る人の感じ方もそれぞれだし

その時の心の状態も作用すると思うし・・


でも心を無にして向き合った時に
その人が感じた事が確かな事なんだと思う。



mr23.jpg


ショー終了後、初めは凄くやんちゃで
近寄りがたい印象もあったけど

全くそんな事は無く
笑顔の素敵な爽やかなお兄さんだった。

そしてその笑顔につられ・・
私、また握手した手を離しませんが・・(笑)

だって感動したんだもん。

機会があったら是非是非またショーを観たいなぁ~
その日が楽しみです。。





追伸、ミスターバードさん情報で週に2日ほど新宿でショーが観れるようです。
機会があったら是非あの街でのパフォーマンスも観てみたいな。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。