忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年03月16日 (水) | 編集 |
各地でまだ地震が発生したり余震が続いています。

昨夜は静岡地方で震度6

そして今日午後は関東で震度5の地震がありました。

私の住む地域は震度5近かったようです。
このような揺れが頻繁に起こるたび心臓がドキドキします。

今日は風も強いせいか常に揺れてる気さえしてきてしまいます。

先日お知り合いのところで地震時の対処法がUPされていたので
参考までに転載します。

もうこんな地震は起こったら困るのですが
参考までに・・



今回の大地震で私の住む街でも相変わらずライフラインが復旧しないでいます。

当時私は家の中には居ましたが
このまま家が壊れてしまうのでは無いか?という恐怖をおぼえました。

同居してる猫たちはパニックをおこし泣き叫び
大丈夫だよと声をあげるしか出来ませんでした

地震直後停電となり電話も携帯も通じなくなり
勿論PCも使えず情報が入らない状態が次の日まで続き

断水にもなり
昨日は食料とお水を探し1日中動きました。

いまだ強い余震がありその度にドキドキがとまりません

ただ私は怪我も無く命も無事です
被災された皆さんの事を思うと心が張りさけそうになります。

自分の出来る事

離れていても節電はできます。

ひとりひとりの心がけがきっと良い方向に進んでいくと信じています






交流のあるブロガーさんの日記から
転載させていただきました。

まだまだ各地で大きな余震もあり油断できない状態です

是非ご一読していただけたらと思います
参考になる対処方法が沢山記載されています。







地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。

まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。
阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
ヒール履いてる人は折る!

食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。
火事などの2次災害に注意!

パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。

ストッキング履いてる女性はできるだけ脱ぐ。火傷したら広がるから。あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。

安否確認はダイアル171!
できるだけ安否確認で電話は使わないで!
救急ダイアルが混乱するから。
あったらいいもの
お金
水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ

被災者のために持っている情報を無駄にしたくないので日記にコピペして拡散してもらえると助かります。

テレビのむこうだけをじっと眺めているだけではいけない。
追記
屋内の場合
●家の中

・テーブルの下にもぐる(無理なら座ぶとんなどで頭を守る)
・ガラス片が危険なため、素足で歩かない。
・火の始末はすみやかに。

●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。

・係員の指示に従う。●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。

●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。
屋外の場合
●路上

・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。

●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。・道路の左側に車を寄せ、エンジンを切る。

・避難するときは、キーをつけたままに。
・車検証や貴重品は携帯する。
●電車などの車内

・つり革、手すりに両手でしっかりつかまる。
・勝手に車外へ飛び出さず、係員の指示に従う。
●海岸付近

・海岸からすぐに離れ、高台へ避難する。
【津波から身を守る為のポイント】
津波警報が出たら、ただちに高い場所へ小さな揺れでも油断しない

津波のスピードは速いので注意
繰り返し襲ってくるので注意
テレビ・ラジオなどで正しい情報を確認
追記2

【緊急拡散希望!】
【人命にかかわります!!】
電話の使用は極力避けてください!

非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています
安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 またはツイッターなどのネットの利用でお願いします

【拡散】電話の使用は極力避けましょう。
緊急の連絡(119,110)で必要としています。

安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットやSkypeを使いましょう。

・危険勧告

震災の時に、建物に赤い紙が貼られていたら、それは「全壊」の判定を受けた建物です。
倒壊の危険性が高いですので、近寄らないようにしてください!

コメントより。情報ありがとうございます!

夜になります。女性の方はなるべく一人にならないでください。災害時に、「お風呂を貸す」「トイレを貸す」そういった言葉で女性を騙し、乱暴する犯罪が過去発生しています。避難や徒歩での移動など、出来る限り独りにならないで、どうか、どうか気をつけてください。
ツイッターから。
・体の不調が起きたときの対策
地震酔いに苦しんでいる方が多いと思います。

目をつむり、10秒程度深呼吸を繰り返してください。
口内が乾いている方は辛くとも水等を含んでください。

今後余震などが続く可能性が高いので、対処法を知っていると楽になると思います。
コメントより

車中泊及び避難所生活で窮屈な姿勢が続いたり運動が不足すると、運動を再開した時に、いわゆるエコノミークラス症候群(深部静脈血栓症に合併する急性肺動脈血栓塞栓症)により突然死の危険が有ります。実際に、新潟中越地震死者37人中7人がエコノミークラス症候群によるものであった事が有名です。これは注意していれば防げる避難所突然死であり、ほとんど人災だと言えます。また生き残っても、重大な後遺症が残る場合が有ります。

対策として、狭い場所で寝る・長時間過ごす時には、「足や足の指をこまめに動かす」「1時間に1回かかとの上下運動(20~30回程度)」「伸び・ストレッチ」「トイレを控えようと水を飲むことを我慢せず十分に水分補給」「酒は血液が濃縮されるので飲まない方がいい」「車中泊はリスクが高いので余計に注意」「ベルトをきつく締めない」「足を上げて寝る」などが言われております。是非とも気をつけて下さるようにお願いします。



いま現在苦しんでいらっしゃる方が大勢います。
こんな時こそ日本国民一丸となって協力するべきです。
どうかこの文章を色んな所に発信してもらえないでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


なお、上記の情報に一部誤った情報があるそうです。


下記も他の方のブログから、転載しました。


たくさんの情報が流れ、錯綜しています。


どうか下記の訂正箇所もご一緒に参考になさって下さい。

      ↓  ↓  ↓  ↓

   

○訂正○


地震が起こったら窓には近付かないでください。


窓ガラスが割れて怪我をするおそれがあります。

窓を開けるのは地震が起きる前か、


揺れが収まってから、


窓ガラス割れていないことを確認してから開けましょう。


まずは開けるなら『ドア』です。避難場所を確保してください。


※さらに、お風呂に水を溜めることはしないでください。


水は貴重です。


全家庭が水を大量に使用すると、

火災現場や炊き出し等に使う水が不足します。


また、避難の際に水を出しっぱなしにしてしまうケースが多いため

水不足が懸念されます。


被災地に近ければ近いほど水の使用は制限してください。


※さらに一番危険なのは米を炊くことです。


今はまだ余震が続いている状態です。


もし、ガス漏れがあった場合、

引火し爆発するおそれがあります。


(米を炊くのはガス漏れの危険性がない地域限定にしましょう)


辛いとは思いますが炊き出しを待ちましょう。


さらに、地震の影響で泥水が混ざっている可能性があるので十分な注意が必要です。

 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。