忙しい毎日の中で心がほっと優しくなれる時間を持ちたい!2006年9月偶然な大道芸との出逢いが沢山の出逢いと笑顔を分けてくれました。 ニコニコパワーで私は頑張る!!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年07月30日 (火) | 編集 |
昨日母が入院しました。

明日手術予定です。
6月末から

大学病院に通院しだし

数多くの検査を行ってきました。

早いもので1ヶ月が過ぎます。

昨日は入院に同行しました。

病室に通されてから動脈からの血液検査

歯口科での口内クリーニングなどを行い

夕方から手術出頭医師による最終説明が行われました。


最後の最後にかなり厳しい事を言われ

本人も勿論私たち家族も気持ちが折れそうになりますが

ここで折れる訳にはいきません。

気持ちを強くもって病気に立ち向かっていかなくてなりません。

医師からは最悪考えられる事も
予想される事も
遠慮なく言葉に出てきますから・・

母の手術は朝始まって

夕方まで7~8時間はかかりそうです。

まず腫瘍を取り除く事から始まり
舌の約半分を切除し

これからリンパに沿っての転移を防ぐためにリンパの方まで
切除するそうです。


無くなった部分を補うため胸上部からの皮膚移植

残りの舌と着くまで3週間は胸上部の皮膚と口の中を繋げたままにするそうで
その間は食事を自力でとる事もできなくなります。

場合によっては窒息しないため気管に穴を開ける処置をする事も
そうなると完全に声は出せなくなるそうです。

3週間から1ヵ月後今度は移植した皮膚を切り離す手術が行われ
移植した部分の皮膚をまた他の部分から移植もするそうです。

手術によるデメリットとしては
言語が話しにくくなり障害が出ること
食べ物が食べにくくなる事

その他感染症、肺炎を起こしやすくなったり
顔面の麻痺など見た目的も含めて変化が出ることなど説明されました。

マイナスな事ばかりであまり良いイメージをもてない説明だったので
母もかなり動揺していたと思います。

私も言葉は全く出ませんでした。

ただ悪性の扁平上皮癌です。
放置すればどんどん腫瘍は大きくなり
痛みも増しやがて食事も全くとれなくなるだけではなく
転移、死に繋がる恐ろしい病気ですから

ここまで来て引き返す訳には行きません。

先の事に想像だけめぐらしていても
時間が過ぎるのみです。

幸いな事に母を担当してくれる看護師さんが
とても丁寧で感じの良い女性です。

昨日は彼女のお陰でかなり気持ち的に救われた気がしました。

明日は術後1晩はICUに入りその後しばらくは個室での管理になるそうです。

明日は朝は兄が病院に行き夕方まで居てくれます。

私は手術終了時までに夕方から病院に行く予定です。





スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。